合宿免許の注意点

合宿免許の安さや期間についてのメリットがある反面、いくつか注意するべきポイントがあります。

まず大きなポイントとして、短期間とは言っても、普通免許の場合で約2週間の長い休みが必要になります。学生であれば長期の休みを利用することはさほど難しくありませんが、休みがとりづらい社会人ともなると、合宿免許に行くことは困難になります。頑張って夏休みがとれたとしても、人気が集中するシーズンの場合、価格が高くなっている可能性と、申し込みがすぐ定員で埋まってしまい、予約が難しいという点が挙げられます。

地方での運転は、広くて安心して運転しやすい反面、地域によっては寒い季節は雪道運転になる可能性があります。これは難易度が上がりますので、雪道の運転は避けたい、という人は要注意です。また、合宿免許を終えた後、いざ都会で運転することになった際、交通量や交通ルールの違いに戸惑うことがありますので、初期の運転には誰か隣に座ってもらうようにする等、注意が必要です。

合宿免許には観光プラン等もありますが、本来の目的は「免許取得」です。平日は自由時間が少ない場合がありますが、仲間と一緒に頑張ることによって、それも楽しい思い出となるはずです。目的意識を持って、しっかりと勉強に勤しんで下さい。